ネットショップの売上アップの重要なポイント

ネットショップの売上アップ方法の選び方

■ネットショップの売上アップ方法の選び方

1.ネットショップの売上アップの重要なポイント

売上をアップさせたいと考えた時、あなたのお店は何をしますか?
検索で見つかりやすいようなキーワードを探してSEO対策を行ったり、ランディングページのキャッチコピーやデザインを試行錯誤して作り変えたり、売れる商品写真の撮り方を調べたり、費用対効果の高い広告の使い方を勉強したりと、様々な努力や施策をされていると思います。

例えば、これらの施策を戦略として文章で書いてみると、
・売上をアップさせるためにSEO対策を行う。
・売上をアップさせるためにランディングページを作り変える。
・売上をアップさせるために広告を出す。
といった戦略となりますね。

もちろんこれらはその通りなのですが、全てのお店がどれをやっても効果があるというものではありません。
あなたのお店の今の状態によって、効果の有無や効果のでやすさが大きく違ってきます。
売上アップの効果を得るには、まず今何を優先的にするべきかを見極める必要があります。
そのためには、売上の基礎となる重要なポイントを理解する必要があります。

まずは、「売上」そのものについて考えてみましょう。
売上の数字は一般的に、商品数・販売数・販売期間を区切って組み合わせた数字で表現されますが、わかりやすいように基礎となる一番小さな区切り、「1つの商品の売上」で見てみると、
売上とは「何円の商品を何人が買ったのか」ということです。

式で見るとかんたんな算数です。
商品価格 × 購入人数 = 売上

答えである売上の数字を増やすためには、式側のそれぞれの数字を増やす必要があります。

ひとつ目は商品価格。
商品価格の数字を増やすことは単純に値上げですので実質無理ですよね。
すると、売上の数字を増やすためには購入人数を増やすしかないことがわかります。
感覚的には当然のこととして理解しているのですが、これを意識することで戦略を考える視点がひとつ変わります。

売上アップの戦略は「購入人数を増やすために」ではじまる文章に書き換わります。
・購入人数を増やすためにSEO対策を行う。
・購入人数を増やすためにランディングページを作り変える。
・購入人数を増やすために広告を使う。

すると、次の思考は購入人数を増やすために行う戦略はどれが一番効果的なのか?というふうになります。
これを見極めるために必要なのが、購入人数の中身となる訪問客数と購入率のお話です。
次回は、この訪問客数と購入率の考え方を解説していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*