Instagramによる動画広告投稿の注意点(動画説明もあります!)

急激に伸びつつあるInstagram。ユーザー数も2億人を越えますます伸びていくSNSといえます。
Instagramの特徴は写真メインのコンテンツでしたが、近年では動画コンテンツへと移行されています。

しかしInstagramの動画投稿にはYouTubeやFacebookと違って制限があります。
(2017.7.4現在)

まず決定的な違いは動画投稿の時間の長さ(尺)は1分まで。
これを考慮して動画を作らないといけません。
いままではYouTube、Facebook用に作成した動画をそのまま
Instagramに流用する形をとられるお客様も多かったですが、
Instagram用の尺を考えた企画にしなければいけません。
もしかするといつか無制限になるかもしれませんが、やっぱり1分くらいの動画が
視聴者にとって苦労なく見られる時間かもしれません。

あと違いは動画のアスペクト比率です。
Instagramの特徴的なアスペクトは正方形ですが
横長や縦長にも対応しました。

動画アスペクト比: 横長(1.91:1)、正方形(1:1)、縦長(4:5)

横長

 

横長テスト

A post shared by 月足直人 (@tsukky.naoto) on

 

正方形

正方形テスト

A post shared by 月足直人 (@tsukky.naoto) on

縦長

縦長テスト

A post shared by 月足直人 (@tsukky.naoto) on

動画を作る時にどのようなサイズにするのかも企画する時に
考えないといけません。

例えばYouTubeやFacebook、Instagram全部で利用できるように
企画の時点で尺は1分ちょうど。アスペクトは横長で最初から
構成する企画を考えれば全部に動画広告を投稿することができます。

みなさんも動画広告を様々な媒体で投稿したい時
一度映像の媒体に詳しい映像制作のプロにお任せ願えたらと思います。

http://shin-yu.net/

おさらい動画!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*