インハウス動画でおすすめの画質



【結論】

インハウス動画を作るのに最適な動画の解像度はフルHDです。
フルHDとは画面サイズ、横幅1920px(ピクセル)で高さが1080pxの画面サイズの動画の規格です。

この画質設定なら、YouTuberなどのインターネット視聴はもちろん、プロジェクターによる大型投影でも綺麗に表示させることができます。

また、サイズを縮小してDVDを作ることもできます。
※DVDの画質は【横幅720px 高さ480px】)



【さらに高画質な4k・8kについて】

最近ではフルHDよりも高画質な4k、さらに高画質な8kなどの動画規格も登場していますが、高画質になればなるほど、動画のデータサイズが大きくなり、動画を編集・書き出しする際の処理にかかるから時間も大幅に長くなります。

作成する動画の画質と処理時間のバランスをコストパフォーマンスで考えると、まだまだフルHD画質が最適な選択となります。



関連記事

  1. 採用動画のトレンド

  2. パワーポイントで画面分割する動画素材の作り方

  3. インハウス動画作成のすゝめ

  4. パワーポイントを動画素材として使う方法

  5. 製品・サービス紹介で見られる動画の考察

  6. 社内で簡単に作れる動画と作れない動画

  7. 採用動画でのインタビューのコツ

VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで
molecule(モレキュル)
ヒラギノフォント

モーショングラフィックスの作り方

重版決定!ありがとうございます!!


プロが教える! Premiere Pro デジタル映像編集講座 CC対応
価格¥3,218(税込み)
通常配送料無料

amazonで購入

Premiereとの連携はAfter Effects



プロが教える! After Effects デジタル映像制作講座 CC/CS6対応
価格¥3,218(税込み)
通常配送料無料
amazonで購入

PAGE TOP