Element 3D導入テスト

After Effectsの中で3Dオブジェクトを読み込むことができるElement 3Dのテストをはじめました。Element 3Dのプラグイン自体は1年前くらいに購入していたのですが、使う機会がなく放置していました。

まず、最初に行ったのが文字を押し出して3D化。表面の質感や光の反射を設定するのが3Dソフトに比べてすごく楽でした。

文字自体は動かさず、カメラだけが動いているアニメーションです。

次に行ったのが、パスを押し出した形状をそれぞれバラバラに動かすアニメーション。丸・四角・三角のパスから押し出して作ったオブジェクトのアニメーションです。

この機能だけでも工夫すれば様々なおもしろい表現が作れそうです。

さらに、アニメーションさせたパスを押し出した3D棒グラフ

少し触っただけですが、面白いツールでした!
引き続き研究を続けます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2018年度版 かっこいい採用ムービーまとめ

  2. 一風変わった採用動画まとめ

  3. 神戸マラソン撮影。

  4. 30分で作れる!パワーポイントを流用した説明動画の作り方

  5. 沖縄ロケ

  6. 2017年 かっこいい採用ムービーまとめ

  7. 写真から3Dモデルを作成

  8. 新シーズン到来!オススメ採用動画まとめ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで
molecule(モレキュル)
CrazyTalk

モーショングラフィックスの作り方

重版決定!ありがとうございます!!


プロが教える! Premiere Pro デジタル映像編集講座 CC対応
価格¥3,218(税込み)
通常配送料無料

amazonで購入

Premiereとの連携はAfter Effects



プロが教える! After Effects デジタル映像制作講座 CC/CS6対応
価格¥3,218(税込み)
通常配送料無料
amazonで購入

PAGE TOP