【DVD作成】自動ループ再生するDVDの作り方【DVD Architect】 | ムービースタジオの使い方

店頭やイベント会場で流すDVDやBlu-rayを作成する場合、延々とループで繰り返し再生したいケースがあります。
DVDデッキのリピート再生機能を使えば問題ないといえばないのですが、現場で初めて使うDVDデッキでは使い方がわからないということも多々あります。

そんな時はDVD自体を自動ループ再生するように作成することがおすすめです。
ここでは、VEGAS Movie Studioに付属のDVDオーサリングソフト「DVD Architect」を使った作り方をご紹介します。

DVD Architectで作成する方法


DVD ArchitectにDVDに書き込む動画を読み込みます。


画面右上にある【メディア プロパティ】【修了時アクション】を選択。
【コマンド】のタブから【リンク】を選択。
【実行先】のタブから動画データを選択します。
ここでは、【wedding_01】の動画を読み込んでいますので、終了時アクションにも同じ【wedding_01】を設定します。
すると【wedding_01】の再生が終わると【wedding_01】を再生するというループ再生が設定されます。

これで、DVDデッキでリピート再生の設定をしなくても自動でループ再生が行われます。

VEGAS PROの購入はこちら:https://www.sourcenext.com/product/vegas/

関連記事

  1. Movie Studio 15のエフェクト効果一覧① | ムービースタ…

  2. VEGAS PROユーザーのための補足 | VEGAS Movie S…

  3. VEGAS Movie Studio 15のエフェクト効果一覧③ | …

  4. Movie Studio 15の結婚式スライドショーテンプレート | …

  5. Movie Studio 15で小窓ワイプの作り方 | ムービースタジ…

  6. 動画編集に必要なパソコンのスペックについて

  7. 動画編集ソフト VEGASのここが好き

  8. Movie Studio 15の自動スライドショー作成機能の使い方 |…

VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで
ソースネクスト
CrazyTalk

モーショングラフィックスの作り方

重版決定!ありがとうございます!!


プロが教える! Premiere Pro デジタル映像編集講座 CC対応
価格¥3,218(税込み)
通常配送料無料

amazonで購入

Premiereとの連携はAfter Effects



プロが教える! After Effects デジタル映像制作講座 CC/CS6対応
価格¥3,218(税込み)
通常配送料無料
amazonで購入

PAGE TOP